伝統的七夕の夜に星を見よう ~ライトダウンin東広島2012~

Pocket

1 概要
広島大学宇宙科学センターでは、エコネットひがしひろしまとの主催で、光害の抑制や節電に関する啓発を目的としたライトダウンキャンペーンを行っています。このキャンペーンでは、天候が安定し天の川が真上に位置する時期の旧暦の七夕の日(今年は8月24日)には、20時から消灯し星空を眺めるよう広く呼びかけています。また消灯時に西条小学校において地域の方を対象とした天体観測会を行います。

2 ライトダウン
日時:平成24年8月24日(金曜日)20時から20時30分まで
実施区域:東広島市全域

3 星を見る会(天体観測会)
日時:平成24年8月24日(金曜日)18時30分から20時30分まで
場所:東広島市立西条小学校屋内運動場、グラウンド

〔時間配分〕
18時30分~18時45分 屋内運動場において開会行事
18時45分~19時15分 アコースティカルな音楽の演奏など
19時15分~19時45分 広島大学宇宙科学センターによる天文・光害の話
19時45分~20時30分 グラウンドへ移動、天体観測

参加者:自由参加とし、事前募集は行いません。
雨天時の対応:少雨の場合は音楽の演奏、天文の話を行い、天体観測は中止します。
その他:車いすで来場される方等の利用を想定した臨時駐車場を若干用意していますご希望の方は事前に環境対策課までご連絡ください。

4 実施主体
主催:広島大学宇宙科学センター、エコネットひがしひろしま
共催:東広島市、東広島市教育委員会、東広島商工会議所、広島大学教育学研究科

〔ダウンロード〕
ライトダウンチラシ[599kB]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)